巻き爪治療と健康、医療、介護の問題との関係

足は、私たちの日常生活において重要な役割を果たしていますが、その健康はしばしば見過ごされがちです。特に巻き爪といった足のトラブルは、健康と生活の質(QOL)に直接影響を与えるのです。

巻き爪や陥入爪、爪甲鉤彎症などの爪のトラブルを解決するという仕事がなぜ医療と介護の問題解決に結びつくのかを足の健康に焦点を当て、サルコペニアやロコモティブシンドロームといった介護における課題にも触れて説明したいと思います。

足の健康とは?

足は、体の基盤として機能し、日常生活において歩行や運動を支える重要な役割を果たします。しかし、足の健康はしばしば無視されがちであり、特に高齢者や運動不足の人々にとっては重要なケアが必要です。巻き爪、湾曲爪はそのあくまで足のトラブルの一例です。巻き爪や陥入爪は、爪が皮膚に食い込む現象で、痛みや感染症の原因となります。重度の糖尿病の方の場合は巻き爪で足の切断に至ることさえあります。

巻き爪と健康への影響

巻き爪は、遺伝的要因や靴の選び方、外反母趾や扁平足などの足の骨格の崩れなどから発生することがあります。特に高齢者や足の血行が悪い人にとって、巻き爪は重大な問題です。前述の通り糖尿病の方の場合は特に注意が必要です。適切な治療や矯正が行われない場合、足の機能が低下し、日常生活への影響が大きくなる可能性があります。

足の健康と介護課題

近年、超高齢社会に突入し、介護負担や費用増加や医療費増加に関連する健康問題が顕著化しています。その一つがサルコペニアという筋肉量の減少による問題です。サルコペニアは、筋肉の減少と機能の低下により、移動能力が低下し、転倒や骨折のリスクを増加させます。

関節や骨の痛み、運動機能の低下によって日常生活の活動が制限される状態に至るとロコモティブシンドローとなり、要介護の状態となってしまうのです。爪をほったらかしにする、足の健康が悪化することで、ロコモティブシンドロームの進行を早め、要介護の生活を迫られることになるのです。

「巻き爪を直す」社会的な意義

足の健康問題は、個人のQOL(生活の質)だけでなく、社会全体にも影響を与えます。特に医療費用負担や介護負担が大きな問題となります。足の健康を適切に管理することで、長期的な医療費用の削減や健康寿命の延長が期待できます。また、足の健康が改善されれば、高齢者や運動能力に制限のある人々の生活の質が向上し、社会全体の負担も軽減されるでしょう。

まとめると、足の健康は、身体全体の健康と生活の質に直接関連しており、巻き爪という爪の問題が放置されると、結果としてサルコペニアやロコモティブシンドロームなどの問題を引き起こします。足の健康管理を意識を高め、定期的な足のケアを促し、適切な靴の選び方など足や脚を取り巻く環境改善を啓蒙するという社会的役割を担う仕事が「巻き爪矯正」なのです。足からの健康を保つことで、健康寿命やQOLの向上に寄与し、医療費用負担の軽減するというのは私たち巻き爪技療士の志事(しごと)は今後の社会的の課題への対策として大きな意義をより持つことになるでしょう。

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちら

求人応募/エントリー
求人応募/エントリーはこちら